法人向けに利用出来るテクノロジー〜技術利用で作業効果〜

二次元の計測器

スペクトラムアナライザとは

スペクトラムアナライザという言葉を聞いた人は少ないと思います。スペクトラムアナライザとは、電気信号や電磁波に含まれる周波数を分析し、周波数別の電界強度を二次元に表示する計測器のことを言います。スペクトラムアナライザの横軸が「周波数」、縦軸が「電力または電圧」を指します。業界では、スペクトラムアナライザはスペアナと略されて呼ばれています。 一般的にスペクトラムアナライザは、高周波部品や、TV、放送機器、携帯電話、無線機、通信機などの帯域幅、雑音、高周波ひずみ、不要放射などの測定に使用されます。 スペクトラムアナライザには、原理や構造が異なるため、高周波用と低周波用の二種類があります。 主に、高周波用は無線関係、低周波用は騒音などの測定に使用されることが多いようです。

スペクトラムアナライザを使うと

家電製品を製造する際には製品がどのような性質なのかをしっかりと検査していくことが大切です。 もし、そんな家電製品の帯域幅やノイズ等を検査したいのならば、スペクトラムアナライザを利用してみると良いでしょう。 高精度の検査をすることができるスペクトラムアナライザならば、家電製品を改善していくための検査を素早く行うことができますし、取り扱いがしやすいのも良いところです。 無線を利用した便利な家電製品が増えている現代だからこそ、製造の現場でスペクトラムアナライザは欠かせない存在になっています。 そんなスペクトラムアナライザを用意したいのならば、専門業者に相談してみると、きっと予算にあったスペクトラムアナライザを手に入れることができるでしょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 法人向けに利用出来るテクノロジー〜技術利用で作業効果〜 All Rights Reserved.