法人向けに利用出来るテクノロジー〜技術利用で作業効果〜

用途で変わる値段

電子部品であるリレーの価格の傾向

リレーは日本語で継電器と呼ばれる電子部品です。主な動作としては、入力によって接点のオンオフを切り替えることがあります。電磁石を使用した電磁リレーや半導体を使用したソリッドステートリレーや光を利用したフォトリレーなどの種類があります。 使用用途によって様々な種類がありそれぞれ価格も大きく変動します。プリント基板に乗せるタイプのリレーの価格では負荷電圧が大きいもので720円程度、小型のものになると1個80円程度ほどの価格です。ソリッドステートリレーの価格は小さめのもので400円ほど大容量にも対応している大きなものでは1200円程度で購入することができます。フォトリレーでは小さいタイプのもので150円ほどです。

1825年にイギリス人の手によってコイルが発明され継電器開発の第一歩がスタートしました。その後1830年ファラデーが電磁誘導を発見し同時期にジョセフヘンリーは電磁気を動力として動く機器を発明しました。この発明は現在のモーターの元になっています。さらに自己誘導などの多くの電気にかかわる発見をしていきます。こうしてジョセフヘンリーはその手によっては継電器の考え方の基礎部分を作ることになりました。そして自身の手によって1835年にリレーが開発されました。しかし、一切の特許申請はせずに他人の製品開発の援助を行っていきました。これを利用し1935年にモールスの手によって電流の信号を遠距離に送ることに成功これは現在のモールス信号の基礎の部分です。

このエントリーをはてなブックマークに追加

Copyright© 2015 法人向けに利用出来るテクノロジー〜技術利用で作業効果〜 All Rights Reserved.